ワキガの臭い・・・市販の制汗剤で大丈夫?

市販の制汗剤はわきが臭にも効果がある?

 

わきがの臭いが気になっている人は、まず汗の分泌を抑えようと考えるでしょう。
臭いの原因はわきから分泌される汗だと思っている人が多く、市販の制汗剤で対処しようとしている人は多いはずです。

 

しかし、わきがの原因となっているのは、わきから分泌される汗だけではありません。
わきから分泌される汗に含まれている成分をエサにして繁殖してしまっている雑菌こそが、わきがの大きな原因なのです。

 

市販の制汗剤でわきの汗を抑制できたとしても、雑菌が残っている状態ではわきがを改善できません。
汗を抑えるだけでなく臭いも改善していきたいと思っているなら、市販の制汗剤だけでは不十分でしょう。

 

とは言え、わきから汗が大量に分泌されていると、それをエサとしてどんどん雑菌が繁殖してしまいます。
まずは市販の制汗剤で汗の分泌を抑えながら、殺菌成分などが配合されているケア用品を探してみましょう。

 

お風呂

 

また、毎日の入浴で、しっかりとわきを洗っておくことも大切です。
わきの下は、ただでさえ高温多湿で雑菌が繁殖しやすい環境です。

 

できるだけ清潔に保てるように、毛穴に溜まりがちな汗や皮脂汚れを落とすことを意識しながら、手入れしていきましょう。

 

 

わきがの人が使う頻度

 

わきがの人が制汗剤を使うことで、雑菌のエサとなってしまう汗の分泌を抑制できます。
わきがを根本的に改善していくためには雑菌の除去も必要ですが、ひとまず汗の分泌を抑えることはできるでしょう。

 

市販の制汗剤を見てみると、パウダースプレータイプ・ロールオンタイプ・スティックタイプ・シートタイプなど、さまざまなものがあります。
一番馴染みがあるのは、パウダースプレータイプではないでしょうか?

 

数多くのメーカーからパウダースプレータイプの制汗剤が販売されており、短時間で簡単に制汗効果が得られます。
常に持ち歩いている人も多いようで、特に夏場は使用している人をよく見かけます。

 

わきがの人がわきの臭いを抑えるためにスプレーを使いたいなら、外出する前に1回使用し、その後は各商品の具体的な使用方法に従って使っていきましょう。
商品にもよりますが、最近の制汗剤は比較的長時間効果が持続するようになっています。

 

わきの臭いが気になるからといって過剰に使用してしまうと、わきの毛穴にパウダーが詰まってしまう可能性があります。
余計にわき下の環境が悪化して、わきがの臭いが強くなってしまうかもしれません。

 

わきがが気になっても過剰に使用せず、きちんと商品の説明に従いましょう。

 

 

スプレーのメリットとデメリット

 

悩み

 

スプレータイプの制汗剤は、他のタイプの制汗剤よりも気軽に使えて馴染みがあると思います。
サイズが小さいものをバッグに入れて持ち歩いていれば、汗が気になったときにいつでもどこでも使用できます。

 

瞬間的に制汗できますし、爽快感を得られることも魅力です。

 

ですが、スプレータイプの制汗剤にはデメリットもあります。

 

特にわきがの人は、間違った使い方をするとわきがの症状を悪化させる原因となってしまう可能性があるので、事前に正しい使い方を確認しておく必要があります。
スプレータイプの制汗剤は、パウダー状になっている制汗剤をスプレーで噴射することで、わきの汗を抑制していきます。
各商品の決められて使用方法・使用量を守っていれば問題ないとは思いますが、あまりに過剰に使用していると、パウダーが毛穴に詰まってしまう恐れがあります。

 

普段の入浴で落としきれていれば良いのですが、毛穴に大量に詰まってしまった制汗剤は、普段通りに体を洗っていても落とせないことがあります。
毛穴に制汗剤が詰まってしまうと、わき下の環境が悪化して雑菌が増えてしまいます。

 

汗が正常に分泌されなくなり、何かしらの病気になってしまうこともあるので、スプレータイプの制汗剤の使いすぎには気を付けていきましょう。

 

ワキガを止める人気No1クリーム・クリアネオ