快適なヒートテックがワキガ臭の原因に!

ワキガ臭の原因は薄くて暖かいヒートテックだった!

 

ヒートテック

 

寒い季節に欠かせないアイテムとなったのがヒートテック、おかげで新しい定番として冬も暖かく快適に過ごせるようになりました。

 

ですがヒートテックを着ていて気になるのが汗の臭い。

 

特に脇が臭うなんてことはないでしょうか。

 

しかもなぜかヒートテックを着ている時だけ臭うことがあり、ヒートテックの脇の部分もワキガ臭がものすごくするようになってはいないでしょうか。

 

実はこのヒートテックは暖かさを保つために吸湿発熱素材を使用しています。

 

この素材は化学繊維で作られており、体から出た水分を吸収して発熱し暖かくしてくれます。

 

ただ化学繊維で作られているため水分の吸収率は綿よりも下がります。

 

そのため皮膚が蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまうのです。

 

雑菌が繁殖すればワキガ臭もきつくなってしまうので、冬でも臭いが感じられるのです。

 

またヒートテックについた雑菌やワキガ臭いがそのまま残ることもあります。

 

普通に洗っただけでは冬の濃縮した汗は落ちにくいので、入念に洗わなければ着るごとに脇の皮膚に臭いがつく恐れもありワキガ臭はどんどんきつくなってしまうのです。

 

寒い季節でも暖かく保温してくれるヒートテックですが、ワキガ臭にとっては相性はあまりよくありません。

 

できるだけ吸水性があるものや、通気性がある服を着て蒸れないように気をつけましょう。

 

 

 

ヒートテックはなぜ暖かいの?

 

ヒートテックといえば暖かいと評判の冬には欠かせない下着です。

 

ですがなぜ暖かいのでしょうか。

 

それは素材が吸湿発熱素材と呼ばれる化学繊維を使用しているからなのです。

 

この素材は体から出てくる水分を吸収して発熱させることができるため、体を暖かく保ってくれるのです。

 

水分を吸収して水に変える時に熱が発生するので、これにより暖かさを感じるのでしょう。

 

また肌と直接接する部分でこの変化による熱が発生するので、より一層暖かく感じられるのです。

 

ただ汗をかきすぎてしまうと化学繊維なので水分をそこまで吸収できないため蒸れる可能性もあります。

 

汗が蒸発すると体温が下がるので寒く感じる可能性もあるでしょう。

 

場所や時などを考えて着用しなければより寒く感じる場合もあるので注意しましょう。

 

ただあまりにも乾燥していたり、すると効果が感じられない場合もあるかもしれません。

 

重ね着するから効果が高くなるということではなく多少の汗も必要なので、あまりにも寒い時は少し動くなどしてみると良いかもしれません。

 

このような化学反応によりヒートテックは寒い季節も暖かく感じられるのです。

 

暖かくなる仕組みや効果を上げるための工夫などを理解して上手にヒートテックを利用しましょう。

 

 

ヒートテックは皮膚トラブルも多い

 

冬の定番といえばヒートテックですが、着用する際には皮膚にも注意しなければなりません。

 

外にヒートテックを利用している方の声に多いのが、肌が痒くなるということでした。

 

ではなぜそのようなことが起きてしまうのでしょうか。

 

まずヒートテックは化学繊維で作られています。

 

そのため敏感肌の人には刺激があるためかぶれてしまう可能性もあるのです。

 

またヒートテックは吸湿発熱素材のため体の水分を吸収します。

 

皮膚から水分が吸収されてしまうため、乾燥肌になってしまう可能性もあるのです。

 

また乾燥肌になってしまうと肌のバリア機能が弱くなってしまうため、かぶれだけではなく吹き出物などの肌トラブルが起きてしまう可能性も高くなってしまうのです。

 

肌が弱くなった状態は敏感肌の人の状態と変わりなくなってしまうため、あらゆる化学繊維に負けてしまったりする場合もあるでしょう。

 

このような皮膚トラブルもヒートテックでは多いため、常用したりするのもあまり良いとは言えなくなります。

 

できるだけ肌の状態を考えて、利用頻度を下がるか外出の時だけなど時と場合に応じて使い分けるようにしましょう。

 

また常用する際には、必ず着用後は保湿を心がけ肌のお手入れをしましょう。

 

 

ワキガ臭が気になる人は特に衣類の素材に注意

 

ワキガ臭が気になる人にとってはデオドラントや汗をかいた後の対処法などが重要となるでしょう。

 

ですが他にも重要なことがあります。

 

それが衣類の素材です。

 

衣類の素材によってはワキガ臭がひどくなる可能性もあるのです。

 

特に化学繊維は通気性が悪いため、脇が蒸れてしまうのです。

 

ワキガ蒸れてしまうと雑菌が繁殖しやすい環境となり、さらにワキガ臭が悪化してしまいます。

 

季節に関係なく通気性の良い天然素材を選ぶかもしくは天然繊維と化学繊維の混合で比較的化学繊維の割合が少ない混合素材を選ぶようにしましょう。
天然のものには、綿・ウール・シルクなどがあります。

 

ただどうしても化学繊維を着用せざるを得ない場合には、必ず脇の部分に汗脇パッドなどを入れるようにしましょう。

 

また吸水性や速乾性の高いと言われている下着などを使用して、汗がたまらないようにすると良いでしょう。

 

ワキガ臭対策を入念にされている人でも、衣類の素材に関してはあまり関心がなかったという方もいるはずです。

 

ですが臭いにはやはり素材も重要なポイントとなってくるのです。

 

季節に関係なく衣類の素材にも気をつけながらワキガ臭がひどくならないように注意して対策をとりましょう。

 

 

季節に合わせた体臭予防

 

どんな時でも体臭というものは気になるものですが、体臭は季節によって変わってくるものです。

 

そのため季節に合わせた体臭予防の対策が必要となるのです。

 

季節に合わせるということは暑さ、寒さに対応した対策が重要です。

 

まずは春の季節ですが、休眠していた汗腺は動きが鈍くなっているため汗も濃縮されています。

 

そのためできるだけ汗をかけるような運動などを取り入れることと、汗脇パッドなどを利用して濃縮された汗の臭いを貯めることがないようにしましょう。

 

また夏の季節は汗も多く出てくるため、デオドラントを使用して汗を抑えられるようにしましょう。

 

また汗をかいたらこまめに着替えができたり汗脇パッドを変えることができるようにしておくと良いでしょう。

 

そして秋になると比較的汗も落ち着いてくる頃ですが、まだまだ油断はできません。

 

この季節も暑さが長引く可能性もあるので、できるだけ汗脇パッドやデオドラント利用を続けましょう。

 

そして冬も厚着をすることで汗がたまりやすくなり臭いがこもる場合があります。

 

通気性も悪くなるので蒸れて雑菌が繁殖し、さらに臭いがきつくなる可能性があります

 

できるだけ臭いをためないようにするためにも、通気性の良い素材の服を選び汗がたまりにくいようにしましょう。

 

このように季節によっても汗のかき方や体臭の出方も変わるので、季節に合わせて対応できるようにしましょう。

 

 

 

 

 

ワキガを止める人気No1クリーム・クリアネオ