ワキガかどうか自分で判断することはできる?

ワキガかどうかを自分で知る方法

 

耳垢

 

なんだか最近、ワキの臭いがきつくなっているような気がする……。
ふとした時に、自分のワキの下から臭ってくる、何とも言えない嫌な臭い。

 

「もしかして、私ってワキガかも?」
そう思っても、周囲の人に聞くのは、とっても勇気がいりますよね。
もしあなたが女性なら、なおさらでしょう。

 

実は、自分で簡単にワキガかどうかをチェックできる方法があるのです。

 

耳垢は湿っている?それともカサカサ?

あなたの耳垢は、耳掃除をする際、音を立てるくらいカサカサでしょうか?
それとも、ねっとりと湿った耳垢でしょうか?
実は、ワキガ体質の人の耳垢は、湿っていることが非常に多いとされています。
通常、耳の中にはアポクリン腺がたくさん存在しています。
ワキガ体質の人は、そうでない人よりも、さらに多くのアポクリン腺を持っています。
そのため、耳の中でも汗が大量に分泌され、耳垢が湿ってしまうのです。
耳の中にアポクリン腺が多いということは、ワキの下にも多いだろう、ということが考えれられます。
そのため、耳垢が湿っているイコールワキガ体質である可能性が高い、となるのですね。

 

ワキ毛の量は多い?

ワキ毛の状態で、ワキガ体質かどうかを見極める方法もあります。
女性の場合は、ワキ毛が非常に太いかどうか。
1つの毛穴から、2本のしっかりと太いワキ毛が出ている箇所があるか。
この2つをチェックしてみてください。
男性の場合は、ワキの下の広い範囲に、柔らかいワキ毛が生えているかどうかです。

 

上記を満たす場合は、ワキの下にアポクリン腺が多く存在しているとされています。
つまり、ワキガの可能性が高いのです。

 

白いシャツのワキの下部分が、黄色いシミになる?

もし、あなたの持っている白いシャツのワキの下部分が黄色く変色しているなら、ワキガである可能性があります。
なぜなら、黄色いシミを作る原因となるのが、アポクリン腺だからです。
アポクリン腺から分泌される汗には、たんぱく質や脂質、アンモニアなどの成分が含まれています。
これらが服に付着すると、その部分を黄色く変色させてしてしまうのです。

 

ただ、ワキの下のシミをチェックする際には、デオドラントスプレーを使っていない時にしましょう。
デオドラントシプレーが原因であることも考えられるからです。

 

以上、ワキガをチェックする際の代表的なポイントをまとめてみました。
参考にしてみてくださいね。

 

一つも当てはまらないのにワキガ?

 

もし、上記のうち、一つも当てはまらないのに、ワキガのような臭いがする……という場合は、あなたの「気にしすぎ」かもしれません。

 

ワキの下の臭いは、ワキガでない人でも発生するものです。

人間、誰でも汗をかきますよね。
汗は乾くと、多かれ少なかれ、臭いを発します。
臭いがするからといって、絶対にワキガである、というわけではないのですよ。

 

遺伝は諦めるしかない?

 

もし、あなたのお父さんやお母さん、きょうだいがワキガ体質なら、確かにあなた自身もそうである可能性は高まります。
ワキガは、遺伝する傾向があるためです。

 

だからといって、自暴自棄になる必要はありません。
ワキガは、適切なケアをすれば、臭いを抑えることができるからです。

 

逆に、「もしかして自分もワキガ体質かもしれない」と早く知ることができるのは、良いことなのですよ。
あらかじめワキの下のデオドラントケアを万全にし、臭いを最小限にすれば、周囲にワキガだと気づかれなくすることもできます。

 

誰かに「この人、ワキガかも」と思われる前に、しっかりと臭い対策ができることは、あなたの心の負担を軽くするでしょう。

 

ワキガの臭いを軽減させるためには、常に清潔を心がけ、食生活、生活習慣を見直し、ワキガ専用クリームでケアをすること。
この三本立てで、ワキガの臭いをやっつけることは不可能ではありません!

 

ワキガを止める人気No1クリーム・クリアネオ