酷いワキガは手術必要?

ワキガの手術をしている人は意外と多い?

 

手術

 

あれ?なんだかワキの下から嫌な臭いがしている気がする……。
この臭いは、もしかしてワキガ……?

 

汗をかく季節がやってくると、こんな悩みを抱える方がたくさん出てきます。
ワキガといえば、何とも言えない、鼻を突くような臭いが特徴的。
男女関係なく、ワキガになれば「何とかしたい!」と思うものです。

 

では、ワキガを治すためには、どうすれば良いのでしょうか?
真っ先に思いつくのは、「手術」でしょう。

 

ワキガは、ワキの下にある「アポクリン腺」「エクリン腺」、そして「皮脂腺」が原因となって発症すると言われています。
つまり、それらを除去すれば、ワキガは完治する、というわけです。

 

しかし、実際のところ、ワキガの罹患者で手術に踏み切る人は少ないとされています。
やはり、体にメスを入れるということは、少なからず肌に傷もつきますし、痛みを伴うものです。
できるだけ、辛い思いはしたくない……。
そう考える人が多いのでしょう。

 

また、ワキガ手術には、それなりにお金がかかります。
相場として、ワキガ手術の費用は30万円前後と言われています。
金銭的に余裕のない人は、手術をあきらめざるを得ない、ということもあるでしょうね。

 

実際には、ワキガをケアするクリームやデオドラントケアに力を入れているというのが、ワキガのケア方法として一般的なようです。

 

最新ワキガ手術

 

とはいえ、ワキガを効果的に治療したいのであれば、やはり手術をするのが手っ取り早いでしょう。
最新のワキガ手術とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

一つ目は、「レーザーシェービング法」という手術方法です。
まず、ワキの下に1センチほどの穴を開けます。
そこからレーザー光線を照射して、ワキガの原因となるアポクリン腺やエクリン腺を取り除いてしまうのです。

 

この方法であれば、従来のワキガ手術と比べると傷の範囲も小さくなりますし、消臭効果をアップさせるそうです。
費用は20万円前後と言われています。

 

二つ目は、「ベイザーシェービング法」です。
こちらは、レーザーシェービング法と同じく、ワキの下に1センチほどの穴を開けます。
そこからベイザーと呼ばれる機械を挿入し、アポクリン腺を強烈な光で焼き切ってしまうという手術です。
その上、ベイザーにより溶け出したアポクリン腺を、吸引管で残らず吸い取ってしまいます。

 

ベイザーシェービング法は、従来のワキガ手術やレーザーシェービング法と比べると、アポクリン腺に対して、強烈にアプローチします。
なおかつ、完全摘出に匹敵するほどアポクリン腺を壊滅させ、なおかつ吸引してしまうため、重度なワキガにも非常に効果があるとされています。

 

しかし、欠点としては、費用が高いことが挙げられます。
施術機関にもよりますが、50万円前後というのが一般的ですね。
また、どうしても肌に傷がついてしまうというのも、手術を踏みとどまってしまう理由の一つではないでしょうか。

 

手術よりも専用クリームのほうが簡単で痛みもな

 

「手術のほうが治り具合もよさそうだけど、お金がないし、肌を傷つけたくもない……。どうすればいい?」
実際には、こういう立場にある人のほうが多いはず。

 

しかし、手術を受ける余裕がない、肌に傷をつけたくないからといって、ワキガの治療をあきらめる必要はありません。
ほかにも、ワキガをやっつける方法があるからです。

 

それは、「ワキガ専用クリーム」です。
ワキの下に塗るだけで、ワキガの臭いを抑えてくれるというスグレモノ。
ワキガを治療してくれるというわけではありませんが、臭いをかなり軽減してくれます。
それだけで、気持ちはずいぶん違ってきますよね。

 

ワキガ専用クリームは、ドラッグストアで気軽に購入することもできますが、インターネット上でも販売されています。
インターネットで販売されている商品のほうが、消臭効果、殺菌効果が高い、という声も……。
わざわざドラッグストアまで行く手間もかかりませんし、インターネットで購入するのも良いかもしれませんね。

 

何より、ワキガ専用クリームでの対策は、手術と違って、痛みを伴いません。
肌に傷がつくこともないのです。
費用も、高価なもので5000円前後と、手術と比べてコストパフォーマンスが高いと来ています。

 

ワキガを何とかしたいけれど、手術をするのは気が引ける……。
もしくは、できない。
そういった方は、ぜひ、ワキガ専用クリームを試されみてはいかがでしょうか。

 

 

ワキガを止める人気No1クリーム・クリアネオ