ワキガの人は足も臭い?

ワキガの人は足も臭い?

 

ワキガの人は足の臭いもきついとよく言われていますが、実際には関係があるのでしょうか。

 

足

 

実は足の臭いとワキガは関係がありません。

 

ワキガの原因となる汗腺と足の汗腺が全く違うものだからです。

 

また臭くなってしまう原因もそれそれに違うためでもあるからです。

 

そのためワキガだからと言って足も臭いというわけではないのです。

 

足の臭いがきつくなる原因は雑菌です。

 

足は特に密閉された空間で湿度も温度も高く雑菌が繁殖するための環境が揃っています。

 

雑菌にとって好環境であれば繁殖し続け、足特有の嫌な臭いを発することになるのです。

 

ワキガとは全く違う条件ではありますが、足の臭いは誰でもきつくなる可能性があります。

 

特に汗を多くかいてしまう方など臭くなりやすいので、できるだけ通気性をよくするようにしておくと良いでしょう。

 

汗を多くかいたら靴下を交換するだけでも大きく変わってきます。

 

ワキガとは違い対処することで臭いもきちんと対策がとれるのです。

 

ですがワキガと足の臭いが一緒にされてしまうのも、汗の量の多さと関係している場合があります。

 

汗が多いとワキガもきつくなりますし、足の臭いもきつくなります。

 

ワキガの対処も重要ですが、できれば一緒に足の汗の対策も取るようにしましょう。

 

 

 

ワキガ臭と足の臭いの違い

 

ワキガ臭の原因と足の臭いの原因は全く違うものです。

 

ワキガの場合にはアポクリン腺と呼ばれる汗腺が原因とされています。

 

アポクリン腺から出た汗を皮膚にいる雑菌が分解した時に、ワキガ特有の臭いが発生するのです。

 

しかしアポクリン腺は足にはありません。

 

足にあるのは通常のエクリン腺と呼ばれる汗腺であり、ワキガのような匂いにはならないのです。

 

ですが環境によってはワキガ同様にとてもキツイ臭いとなるので注意しなければなりません。

 

まず足の環境は高温多湿であり常に密閉された空間でもあります。

 

そのため長時間高温多湿の状態が保持されるため、雑菌の繁殖に適した場所となっています。

 

雑菌が増殖することで汗の分解も多くなりますし、そのぶん臭いもかなりきつくなっていきます。

 

このように汗腺の種類の違いや環境の違いがあるため、ワキガ臭と足の臭いは同じではないということが言えるのです。

 

ただワキガの方でも汗の量が多くない方は足の臭いがきつくなるということはありません。

 

汗の量の多さによってワキガと足の臭いの関係が同じだと言われてしまう場合があるのです。

 

同じではなくても、足もワキガと同じように臭いがきつくなる環境というのがあります。

 

足に関しては対処することで臭いを抑えられるため、しっかり消臭処置を行うようにしましょう。

 

 

 

同時にケアする方法

 

ワキガと足の臭いの原因は全く異なるものでしたが、汗の量が多ければ同じように臭いがきつくなってしまいます。

 

できれば一緒にケアしていきたい臭いなので、どちらかに偏らずにケアするようにしましょう。

 

同時にケアするためにはまず、汗を拭き取ることが大切です。

 

汗がたまることによって雑菌が分解し臭いが発生してしまいます。

 

汗をかいた後はできるだけ早めに拭き取るなどの対策をとることが重要です。

 

また汗がついた服や靴下も臭いの原因となります。

 

着替えることができない場合には、汗脇パッドなどを取り替えられるようにしておき、靴下やストッキングも履き替えられるようにしましょう。

 

制汗剤も足に使用できるものがあるので併用すると良いですね。

 

ただ両方ケアとなるとこまめにできない場合もあるでしょう。

 

時間が取れない場合には汗を拭いて制汗剤を振るだけでも、臭いのきつさは少し軽減されます。

 

このようなちょっとしたことでもこまめに行えば臭いは抑えられるので、気にかけておくようにしましょう。

 

最近では足用の汗パッドなどもあるので、こちらも使用しながらケアするとより効果も期待できます。

 

消臭を同時に行う大変さもありますが、こまめに清潔を心がけて臭い対策をとることで両方の悩みも軽減されて楽になるでしょう。

 

ワキガを止める人気No1クリーム・クリアネオ