不快な足のベタつきをすっきりケア

裸足でパンプスを履くのは危険? 足の臭い

 

足のトラブルといえば一番に臭いと言われる方も多いでしょう。

 

パンプス

 

足はどうしても雑菌が繁殖しやすい場所でもあるため、臭いが発生しやすくなっています。

 

最近ではパンプスを裸足で履く方も多いので、足の臭いが特にきつくなってしまう方も多いのです。

 

パンプスの中は汗を吸収しにくい素材で作られているため、裸足でパンプスを履くと汗が溜まってしまいます。

 

汗が溜まることで雑菌が増殖しやすい多湿の環境が作られてしまうのです。

 

また多湿だけではなく温度も比較的高くなってしまう環境にあるため、さらに雑菌にとって繁殖の好条件となります。

 

長時間そのままでいることでどんどん足の臭いもきつくなりますし、パンプスに雑菌が残ったままなのでパンプス自体も臭くなってしまうのです。

 

裸足でのパンプスの使用はこれらの条件を満たしやすいために危険と考えられているのです。

 

あまり汗をかかないという方でも、裸足でのパンプス着用は臭いが出てしまう可能性が高くなります。

 

足の臭いが特に気になる方や常にパンプスを裸足で着用されている方は気をつけなければなりません。

 

ケアも必要となりますができるだけパンプスを使用する際にはストッキングなどを着用するようにした方が良いでしょう。

 

 

 

臭いだけではなく水虫の原因にも

 

裸足でパンプスを履くと足の臭いがきつくなってしまいますが、それだけではなく他にも危険が潜んでいるのです。

 

それは足のトラブルとしてはよく耳にしたことがある水虫です。

 

水虫は白癬菌と呼ばれるカビが原因で起こる皮膚炎です。

 

白癬菌は常在菌なのでいたるところに存在しています。

 

またジメジメとした多湿や高温の場所を好むため、裸足で汗をかいた状態のパンプス使用は繁殖するのにも最適な環境となります。

 

繁殖も進みますし、肌もふやけた状態であれば白癬菌も角質層まで入り込みやすい状況となる場合もあるでしょう。

 

一度角質層まで入り込んでしまうとその場の留まり続けるため、なかなか治すことも難しくなってしまいます。

 

また裸足でパンプスを利用することにより汗もたまり湿度が高くなります。

 

熱もこもってしまうため活発に繁殖しよりひどくなる可能性があります。

 

水虫は一度かかってしまうとかなり厄介で治りにくいものです。

 

一度治ったと思っていても乾燥しがちな寒い季節には休眠し、暖かくなる頃にまた再発する可能性もあります。

 

水虫になってしまうと完全に治し切るまでがとても難しいと言われています。

 

できれば裸足でのパンプス着用は控えるようにした方が良いでしょう。

 

 

 

足のベタつき対策

 

裸足でパンプスを着用すると足もベタついてしまいます。

 

また足がベタつくことによって、足の臭いがきつくなってしまったり水虫になってしまう可能性もあるのです。

 

足のベタつきの対策で、臭いや水虫の危険から足を守るようにしましょう。

 

ベタつく原因としはまず裸足でのパンプス着用にあります。

 

裸足で履くのをやめてパンストなどを使用するようにしましょう。
また靴の中に汗を吸い込んでくれるインソールを入れると良いでしょう。

 

定期的に汗ばんだインソールを交換して常に乾燥状態を心がけることも必要です。

 

使用したパンストもできれば汗が多い日には交換した方が良いですね。

 

外出先ではちょっと難しい場合もあるかもしれません。

 

そういう時はデオドラント剤を使用しましょう。

 

脇用なども使用できますが、最近ではフットケア用品として足用のデオドラント剤も販売されています。

 

できるだけ汗を抑えられるようにしていればベタつきからも解放されます。

 

パンストが苦手な方にはパンプス用の靴下などもあります。

 

靴下

 

一枚布があるだけでもベタつきは全く違ってきます。

 

簡単な方法なので面倒でも続けましょう。

 

足のベタつきは特に春過ぎなど暖かくなる頃が注意です。

 

夏は特に裸足でのパンプス着用は危険になってくるでしょう。

 

インソールやデオドラント剤などを活用してしっかり対策をとっていくようにしましょう。

 

 

ワキガを止める人気No1クリーム・クリアネオ