夏は衣類洗剤の選び方に注意が必要!

夏の衣類用洗剤の選び方!消臭力に注目

 

洗剤

 

夏といえば汗をよくかく季節なので、洗濯物も増えるというご家庭も多いのではないでしょうか。

 

特に湿度の高い季節ですし、ここ最近は雨や台風も多く乾きにくいという条件も多々あるでしょう。

 

そうなると衣類の洗濯も臭いが気になってくるかと思います。

 

そして衣類用洗剤も夏用に選びなおすという方も少なくはないでしょう。

 

衣類はただ汚れが落ちれば臭いが消えるということはありません。

 

きちんと消臭力のある洗剤を選ぶことで、臭いを防ぐことができるのです。

 

 

臭いの主な原因は菌です。

 

この菌は空気中にもどこにでも存在しているので、濡れた衣類に付着することで繁殖し嫌な臭いを発するのです。

 

そのため濡れた衣類を欲している時にも、空気中の雑菌が付着していれば臭いが出てくる可能性もあるのです。

 

その臭いを出さないためにも消臭力が重要です。

 

消臭効果の高い洗剤を使用すれば、洗濯物を干した後も嫌な臭いを防ぐことができます。

 

また消臭効果が持続する洗剤であれば、汗をかいた時に嫌な衣類の臭いも防いでくれる場合もあります。

 

この場合には個人差もありますが、何もしていないよりは効果も期待できる可能性があるでしょう。

 

夏は特に湿度が高く臭いが洗濯物からも出やすくなってしまいます。

 

できるだけ夏には消臭力の高い洗剤を使用して衣類の臭いをしっかり防ぐようにしましょう。

 

 

日本製でおすすめ洗剤

 

消臭効果が期待できる洗剤はメーカーやブランドによっても違いがあります。

 

日本製でおすすめできる洗剤もたくさんあるので、ご自宅の洗剤でイマイチ効果が期待できない場合は試しに使用してみましょう。

 

まずは今となってはあまり使用されている方も少ないかもしれない粉洗剤からご紹介しましょう。

 

粉洗剤は時代遅れと思われがちですが、洗浄力や消臭力は液体洗剤よりも優れているものがあります。

 

にアタックやトップにニュービーズなどは洗浄力が高く除菌効果もあり消臭成分も含まれているので臭いに関しての悩みにもおすすめの洗剤です。

 

また粉洗剤は固まりやすいイメージもありますが溶けやすく工夫されており、夏に使用する場合なら水温も比較的高いので心配はないでしょう。

 

ドラム式洗濯機を使用されているご家庭も多く、少ない水でしっかり洗うことができる液体洗剤にもおすすめがあります。

 

殺菌力や抗菌力に優れたトップのハイジアやナノックスは菌の増殖も防いでくれるので、臭い予防も期待ができます。

 

液体は溶けやすく夏だけではなく洗剤が溶けにくくなる冬の時期にも心配なく使用することができますし、少ない水の量でしっかり汚れを落とすことが期待できます。

 

ご自宅の洗濯機の種類や洗い方などで、おすすめの洗剤を選びしっかり衣類を消臭しましょう。

 

 

外国製でおすすめ洗剤

 

洗剤

 

日本製の洗剤は安全性や信頼性も高いので定番として使用されているのが当たり前でもあります。

 

ですが最近では外国製の洗剤にも注目を集めているものがあるので、こちらのおすすめもご紹介していきましょう。

 

人気も高くしっかり洗い臭いもすっきりさせてくれるのがタイドリキッド洗剤。

 

またコストコで人気の高いカークランドのウルトラも洗浄力が高いので消臭効果も期待ができる洗剤となっています。

 

こちらはどちらも液体洗剤なので使いやすく、濯ぎ残しなどの心配もないでしょう。

 

タイドリキッドもウルトラも香りの種類も多いので、洗濯が楽しくなるという評判もあります

 

また比較的容量が日本のものより大きいのでまとめ買いする必要もなく、1回の購入で長く使えるというのもおすすめです。

 

最近では漂白洗浄力の高いオキシクリーンも臭いをしっかりとってくれます。

 

洗濯だけではなく色々な場所で使用することができるという特徴もあるので、他にもメリットがあるのです。

 

ただ外国製の洗剤は容量も大きいので、お試しにはあまり向いていません。

 

ですがお友達と分け合えば問題はないので、一緒に試してみたい方と購入してみてはいかがでしょうか。

 

高い洗浄力が特徴でもあるので、日本製ではイマイチという場合には一度試してみましょう。

 

 

洗剤と柔軟剤の違い

 

洗剤を使用するときに一緒に柔軟剤も使用するというのが定番となっていますが、洗剤と柔軟剤にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

洗剤は基本的に汚れを落とすものです。

 

その中で除菌効果や消臭効果を持つ成分が配合されているので、汚れを落とすと同時に除菌消臭の効果も期待ができるのです。

 

一方で柔軟剤といえば衣類やタオルなどの繊維を柔らかくするもので、ただ洗っただけでは得られないようなふんわりした感触に仕上げてくれます

 

また洗剤と同じように柔軟剤にも消臭成分が含まれているものが増え、洗剤だけでは消せないような臭いも消臭し防臭してくれる効果も期待できるようになっています。

 

そして柔らかな香りを衣類やタオルなど洗濯物につけることができるので、好みの香りも楽しむことができるようになっています。

 

このように洗剤は洗うこと、柔軟剤は衣類などを柔らかくしてくれること、とそれぞれに違いがあります。

 

ですが少数に関してはどちらも優れているので、一緒に使用することで消臭効果がより期待できるようになるのではないでしょうか。

 

洗濯を楽しむという点でも柔軟剤は欠かせません。

 

洗剤だけでも香りは楽しむことができますが、また違った柔らかく良い香りに加え肌触りの良い質感を得るには柔軟剤が必要です。

 

ダブルで使用することで消臭もより期待ができますし、衣類などの記事を痛めにくくしてくれるのでまだ使用されていない方は取り入れてみましょう。

 

 

柔軟剤の正しい使い方

 

洗剤と同じく柔軟剤にも正しい使い方があります。

 

まず使用する方法は最近の洗濯機なら必ずあるのが柔軟剤の投入口です。

 

必ずそこに入れるようにしましょう。

 

洗剤と一緒に投入してしまうと、洗い流されてしまうので全く効果が期待できなくなります。

 

汚れとして残ってしまう可能性もあるので必ず守りましょう。

 

また量にも注意が必要です。

 

いい臭いをしっかりとつけたいからといって、規定を超える量を使用される方がいますが、すすぎ残しの原因となります。

 

残ることで肌トラブルとなってしまう可能性もありますし、人によっては不快に感じるほどの匂いとなる可能性もあります。

 

またタオルや衣類の吸水性が失われる可能性もあります。

 

量は必ず守って、表示された量で使用しましょう。

 

そして最近では柔軟剤を別のブランドやメーカーのもの同士を混ぜて使用する方もいるようです。

 

こちらも臭いをよくするためということですが、逆に匂いがおかしくなる可能性もあります。

 

メーカーによってはブレンドができる場合もありますが、指示されているもの以外は匂いに問題が出る可能性もあるので控えましょう。

 

そして衣類などを詰め込んだ状態で使用すると、柔軟剤がうまく混ざらなくなる場合もあるので気をつけましょう。

 

このように正しい方法で使用することで柔軟剤の効果もしっかり発揮することができるのです。

 

まずは使用方法をよく読んで正しい方法で効果を実感できるようにしましょう。

 

 

柔軟剤を使った時のメリットデメリット

 

衣類などにとって欠かせない柔軟剤ですが、実はメリットだけではなくデメリットもあります。

 

メリットは一番よく知られている繊維を柔らかくするという効果です。

 

また嫌な臭いを消し良い香りで仕上げてくれるという点でも大きなメリットとなるでしょう。

 

他にも使用することで静電気などを防いでくれる効果も期待ができます。

 

繊維を柔らかくしてくれることで、衣類を痛みにくくしてくれる点でも洗濯時には必ず使用したくなるものです。

 

ただ柔軟剤はメリットだけではありませんので注意しておきましょう。

 

柔軟剤のデメリットは繊維に膜を張ることで吸水性が少し落ちます。

 

これは記事を柔らかく仕上げるための効果なのですが、量が多かったりすることでより吸水性も落ちる場合があるので注意が必要です。

 

またアレルギーであったり敏感肌の方にとっては、柔軟剤により肌があれたりする可能性もあります。

 

薬剤により生地の繊維に膜を作るため、そのまま薬剤が肌に触れるようなものでもあります。

 

すすぎ残しや使用量が多い場合などは気をつけた方が良いでしょう。

 

柔軟剤にはメリットもたくさんあるのですがその分デメリットもあります。

 

しっかり使用方法を守流ことや成分表をチェックするなどして、メリットをより活かせるように使用しましょう。

 

ワキガを止める人気No1クリーム・クリアネオ